SEO対策のためにキーワードプランナーの使い方が解説されている記事が多数あるが、ほとんどが古い画面での使い方になっています。

少し前までは「以前のキーワードプランナーに戻す」というリンクがあって、古い画面に戻せたようだが、今はそれも消えてしまっていて使えません。

新たに使おうとしてとても困ったので新しい画面での使い方を調べました。

紹介する方法の注意点

現在のキーワードプランナーは仕様変更によりGoogle広告を使って広告を出稿していないアカウントでは検索ボリュームがざっくりとした数値しか表示されないようになっています。

この記事で解説している方法は無料で使うことを想定しているものなので、詳細な検索ボリュームは確認できません。

ざっくりとした数値といってもある程度の規模で分けられているので、スモールワールドかビッグワードかを確認するだけであれば十分です。

新規登録の方法

下記URLからキーワードプランナーにアクセスします。 https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

左上のログインボタンをクリックします。

広告の目標設定の画面が表示されますが、目標は設定せずに、小さく表示されているテキストリンク「Google 広告のご利用経験がある場合」をクリックします。

キャンペーンの作成画面が表示されますが、作成せずに、小さく表示されているテキストリンク「キャンペーンなしでアカウントを作成」をクリックします。

ビジネス情報の確認画面が表示されるので、下記のように設定し送信をクリックします。 ※初期設定でこのようになっている可能性が高いです。

  • 請求書先住所の国:日本
  • タイムゾーン:日本時間
  • 通過:日本円

設定完了の画面が表示されるので「アカウントを確認」をクリックします。

キーワードプランナーの表示方法

作業としては続いていますが、ここからはキーワードプランナーの表示方法の説明になります。

Google広告のホーム画面に遷移されるので、右上の「ツール」アイコンをクリックします。

ツールメニューが表示されるので、プランニングの項目にある「キーワードプランナー」をクリックします。

ポップアップが表示されるので「キーワードプランナーに移動」をクリックします。 ※この画面は新機能の紹介をするものなので、新機能が周知されたら出なくなると思います。

「新しいキーワードを見つける」の使い方

ここからは「新しいキーワードを見つける」機能の使い方の説明になります。

キーワードプランナーの画面が表示されるので「新しいキーワードを見つける」をクリックします。

キーワードを入力する画面に遷移するので、調べたいキーワードを入力します。ここでは例として「ブログ キーワード」と入力します。

キーワードを入力したら「開始する」をクリックします。

検索ボリューム等が表示されますが、このままだと入力したキーワード以外のものも表示されているのでそれを除外します。まずは右上の「フィルタ」アイコンをクリックします。

フィルタの種類を選ぶ画面が出てくるので「キーワードのテキスト」を選びます。

キーワードを入力する画面が出てくるので、最初に入力した「ブログ キーワード」を再度入力して、「適用」をクリックします。

目的のキーワードのみが表示されました。