Contents

【超軽量腕時計】おすすめ度No.1の最強チープカシオはF-84W-1QJH

チープカシオを買いたいけど、どれにするか迷っているという方向けに個人的にベストなモデルだと思っているF-84W-1QJH(以下、F-84W-1)のおすすめポイントをまとめました。

単純にシンプルで安い腕時計を探しているという方にも参考になる情報かと思います。

G-SHOCKを愛用しているという人も、ビジネス用の高級腕時計を持っているという人も追加で1本買っておいて損はないのでぜひ検討してみてください。Amazonであれば900円以下で買えます

自分も仕事ではGrand Seiko、アウトドアスポーツをやる時はG-SHOCKと使い分けてますが、F-84W-1が圧倒的に楽で使いやすいので在宅勤務が増えた現在は一番長く身につけている時計になっています。

そもそもチープカシオとは?

「チープカシオ」とはカシオが製造・販売している安い腕時計の通称です。略して「チプカシ」とも言います。

価格は1,000~3,000円ほどで様々なモデルがあります。

機能的で頑丈なのに数千円という驚異的なコストパフォーマンスで、海外でも人気が出ています。

いくつか買ってもそんなに高額にならない上に種類が豊富なのでコレクター的に集める人もいて「チープカシオ沼」という言葉もできているくらいです。ハマったら抜けられません。

なんとチープカシオだけを集めた本まで出ています。

安いのでたくさん持っておいて、ファッションやその日の気分に合わせて付け替えられるという楽しみ方もできます。

この記事ではチープカシオの中で個人的にベストだと思っている「F-84W-1」の魅力や機能を詳しく紹介していきます。

f-84wの基本スペック

項目スペック
ケースサイズ(縦×横×厚さ)38.7×33.4×8.5mm
質量21g
防水性日常生活用防水
ケース・ベゼル材質樹脂
バンド樹脂バンド
電池寿命約7年
精度平均月差:±30秒

機能としては下記がそなわっています。

  • ストップウオッチ(1/100秒、60分計、スプリット付き)
  • LEDライト
  • オートカレンダー
  • 12/24時間制表示切替
  • 時刻アラーム・時報

f-84wがベストなチープカシオである理由

では、F-84がなぜベストかというと以下の全てを兼ね備えているからです。

この記事でわかること
  • デジタルタイプである
  • チープカシオの中で最軽量
  • フェイスのデザインがシンプルできれい
  • 頑丈で壊れにくい
  • 安い
  • 時報とアラームが便利
  • ベルトが細くてつけやすい
  • 十分な防水性能

それぞれ詳しく解説していきます。

チープカシオはアナログよりデジタル

チープカシオにはアナログタイプもたくさんありますが1本だけ買うのであれ*まずはデジタルタイプをおすすめします。理由は3つあります。

デジタルタイプがおすすめな理由
  • 瞬時に正確な時間を把握できる
  • オートカレンダー機能がある
  • デジタルのほうがチープ感が出にくい

1つずつ説明します。

瞬時に正確な時間を把握できる

おおまかな時間を感覚的に把握するのであればアナログのほうがいいのですが「電車が発車するまであと何分あるか」といった正確な時間をぱっと見た瞬間に把握するにはデジタルのほうが有利です。

アナログ時計で正確な時間を把握するとなると、どうしても針の位置をよく確認する必要があります。慌てていると1時間見間違えるということさえあります。

オートカレンダー機能がある

チープカシオのデジタルタイプにはだいたいオートカレンダー機能がついています。

オートカレンダーとは日付を自動で調整してくれる機能です。いちいち調整しなくても日付を確認できるのはとても便利です。

アナログだと1ヶ月が30日の月があると手動で日付を1日進めないとカレンダーがずれてしまいます。

そもそもアナログタイプだとカレンダーがついていないモデルもけっこうあります

デジタルのほうがチープ感が出にくい

これは感覚的なものなので人によって感じ方が違うと思いますが、個人的にはデジタルのほうがチープ感が出にくいと思っています。

デジタルだとアクセサリーとしての腕時計という要素がそもそもほとんどなく、ガジェットのようなイメージで見るのでそもそも期待値が低いからです。

どうせチープなら徹底的にチープなほうがいいという発想です。

服装やシーンに合わせることを考えるとデジタルはどうしても避けたいという人には MQ-24-7B2LLJFがおすすめです。星野源が使っていることで有名になったモデルです。

頑丈で壊れにくい

シャワーをあびる時につけたまま入ることがありますが全く問題なく動いていますし、子どもと海に入ったり、公園で泥まみれになって遊んだりしても全然壊れません

F-91W(F-84Wにかなり似ている別のモデル)の話ですが、なんと20年前に庭でなくしたチープカシオが発見されて、まだ動いていたという話もあります。しかも7分しか遅れていなかったという…。
>> 20年ぶりに発見されたカシオの腕時計、丈夫な姿に世界が反応

水風呂やサウナの高温多湿も問題ないというレビューも多く、サウナ愛好家にも人気です。

バイクのハンドルにくくりつけられて風雨にさらされても3年もったという話も。

サーファーにも使われていることが多く、頑丈さには定評があります。

安い

Amazon、楽天であれば900円以下くらいで買えます

これくらい安いと壊れたとしてもそんなにショックは受けないですし、すぐに買いかえられるくらいの価格です。

子どもに引っ張られたりいじられても気にならないですし、汚れや傷も気にせず水場や公園遊びでもガシガシ使うことができます

チープカシオの中で最軽量

f-84wはチープカシオの中で最も軽く、公称値で21gとなっています。上の写真の通り、キッチンスケールでの実測値だと19gでした。

チープカシオ以外と比べてもこれ以上軽い腕時計を探すのは難しいんじゃないでしょうか。

AppleWatchは最も軽いアルミニウムケースのものに軽いバンドをつけても約40gくらいになります。f-84w-1はその半分の重さしかないということです。

G-SHOCKの定番人気モデルDW-5600E-1は53gなので、これと比較しても圧倒的に軽いです。

ここまで軽いとずっとつけていても全然疲れないですし、いい意味で存在感が全然ないので邪魔になりません。

ちなみにアナログタイプで最軽量なのは上でも紹介したMQ-24-7B2LLJFです。できるだけ軽いのがほしいけどデジタルはちょっと…という人にはこちらがおすすめです。

ベルトが細くてつけやすい

ベルトの細さも付け心地の良さに一役買っています。

チープカシオはベルトが細くて薄いものが多いのですが、F-84Wのベルトはその中でも特に細く、約1.5cmほどです。

よくおすすめされているF-91W-1JF(以下、F-91W)よりもさらに細いので、つけているのを忘れるくらいの感覚です。

f-84wはアラームと時報が便利

チープカシオの隠れた便利機能は時報だと思っています。これなにかというと毎正時(○○時00分)にアラームをならしてくれる機能です。

アラームといっても目覚ましのような感じではなくピッピッと一瞬鳴るだけです。意外と音は大きく、隣の部屋にいても聞こえるくらいの音が出ます。邪魔な人はこの機能をオフにすることも可能

この機能の何がいいかというと時間が過ぎ去っていくのを認識させてくれるところです。

動画を見たり、ネットをいじったりしてるとあっという間に時間がたってしまい、時間をムダに過ごしたなと後悔することがけっこうありますが、時報が鳴ると途中でそれを止めることができます。(少なくとも1時間おきに)

逆に仕事をし過ぎて、食べるのを忘れたり、寝るのが遅くなるという人にもおすすめです。時間に対して自覚的に行動できるようになります。

デザインがミニマルでシンプル

デジタルのチープカシオの中にはデザインがけっこうゴテゴテしているものも多いです。

最も売れているチープカシオの1つであるF-91Wもいいのですが、下部にあるWR(Water Resist)の文字サイズが大きくて、ちょっと主張が強い感じです。

f-84wのデザインは本当にシンプルでミニマル。悪目立ちするような部分がまったくありません。

F-91WとF-84Wの違い

どちらもチープカシオの人気モデルで、デザインもとても似ているので違いをまとめておきます。

重量や時計としての機能、液晶部分の表示はほぼ同じです。違いは下記の2つだけ。

  • F-84Wのほうがベルトが細い。
  • F-84Wのほうがフェイスのデザインがシンプル

まとめ

どのチープカシオを買おうか迷っている方や、とにかく軽量で実用的な腕時計を探している方向けにF-84Wをおすすめできる理由を解説しました。

理由をまとめると以下の通りです。

  • デジタルタイプである
  • チープカシオの中で最軽量
  • フェイスのデザインがシンプルできれい
  • 頑丈で壊れにくい
  • 安い
  • 時報とアラームが便利
  • ベルトが細くてつけやすい
  • 防水性能がいい

Amazonなどでは900円以下で買えるのでぜひ検討してみてください。驚異的なコスパです。